社員インタビュー

システムエンジニア
冨田雄太

小学校時代にオンラインゲームに熱中。自分で検索して、プログラミングを独学していました。

父親が大のパソコン好きで、小学校2年生の時に秋葉原に連れていかれたのがITとの出会いです(笑)。 小学校時代にオンラインゲームにハマり、ゲームがどのようにして動くのか興味を待ちました。 「ゲーム 何でできている」といった検索でインターネットで色々調べ、ソースコードの構文をコピーして作成していましたね。 高校卒業後は東京電機大学の情報メディア系の学部に進学し、さらにその知識を深めました。 大学では高齢者障害検知システムや人間工学に基づくコントローラーなど、社会的貢献性の高いIT活用について学びました。

最初は間違いがあっても、構わない。その繰り返しが、スキルになっていくんです

大学卒業後に入社したのは、中堅のSES会社です。 そこで終電も炎上も経験しました。 その時エンドユーザーとの握り、要件定義、詳細設計の緻密さなど、下流工程をスムーズに動かすにはどこが重要なのか学びましたね。 frengeとの出会いは、あるプロジェクトで一緒に働いたのがキッカケです。 現在システムエンジニアとして、社内業務システムやISMSに向けたルール構築を担当しています。 新しく仲間になる方には、自分の考えを持ってほしいですね。 間違ってもいいから、まず自分で動いてみる。 そうすることで、自分のスキルになっていきます。 それができる環境が、ここにはあります。